gaprise|AETAA Marketing

最適化サイクル

広告は忘れられてしまうもの。
ブランドを覚えてもらう・思い出してもらうために大切なこととは

ターゲットを知り、認知施策指標を設定し、クリエイティブができたら、あとは運用して行くだけです。

SNS プランニング

ブランディングを高める上で、接触した後に「覚えてもらうこと」と、「思い出してもらうこと 」の2点が重要なポイントです。
「最近見た広告の中で覚えている広告はありますか?」と質問したときに、自分の仕事に関わる広告以外は、回答に悩む方がほとんどです。しかし、なんども見ている広告(「ビズリ〜チ」のフレーズなど)を伝えると口を揃えてみなさんがその広告を思い出します。全く自分にベネフィットのないサービスやブランドでも、印象的な接触を何度も行なっていると広告は覚えてもらえます。
重要なことは単発で終わることなく常時的に接触すること。
しかし、広範囲な広告で複数回接触して行くことを考えると、いくら制作コストを落とせたとしても大きな広告費を投下することになるので、効率的な配信設計を行う必要があります。

認知施策の効率化はターゲティング

広告をいくら覚えてもらっても、実際に利用しないユーザーに配信をくり返しても無駄な費用投下になってしまいます。 AETAAの特徴は、行動変容したユーザーを拡張して行く配信&調査を繰り返すことで、プランニングが明確になって行くことです。

SNS 分析

行動変容や購買したユーザーの属性傾向を分析することで、顧客化するであろう属性がわかればそのユーザーと常時的に接触することで、無駄な費用投下を抑え、常時接触を実現することで、認知拡大の最適化を実現して行きます。